生活習慣・食習慣を見直そう

生活習慣・食習慣を見直そう

人にはそれぞれ決まった食習慣というものがあるでしょう。
たとえばそれを何十年も続けてきたらそれはなかなか変えることはできないといってもいいでしょう。
そしてそのような人によって決まった食習慣が肥満であったり病気を抱えるようなことになっているのかもしれません。

 

若い時分は病気や様々なものに対して抵抗力があります。
また、新陳代謝も活発ですから食べ過ぎであったり飲み過ぎであったりしてもそれを体内で適度に消化して肥満などにも適切に対処できていたのです。
しかしながら人は加齢を重ねるとこのような抵抗力が段々と弱ってきます。
また新陳代謝も衰えてしまうのです。
ですから若い時分と同じような生活習慣を送っているとたちまちのうちに肥満に向かっていってしまうのです。
これがいわゆる中年太りというものなのです。

 

食習慣のうえに生活習慣があります。
逆に考えると生活習慣の中に食習慣が含まれるのですが、この食習慣こそが生活習慣のなかでも一番大事なものとなってくるのです。
若い頃は何を食べても太らなかったものが加齢とともに太ってきてしまうのは仕方のないことです。
しかし食事量を抑えてしまうのもなかなか難しいのであればそこは健康食を取り入れることでカバーするようにしたいものです。
もちろん健康食だけではものたりないという人もいるかもしれません。

 

しかし、普通に食べていては肥満の傾向になってしまうので、やはり中高年以降の世代になると健康食は欠かせないものとなるのです。